女性の薄毛は治らないって都市伝説を徹底分析し改善策を調べてみた!

女性 薄毛 治らない

ルルシア専門家

薄毛は見た目で印象が変わる切実な悩みです。女性薄毛治らないって言われてるし。実際、確実に治るものなら試したいところ。自分でできる対策をしてみたものの効果がイマイチと悩んでいませんか?

女性が薄毛になったらもう治らないのではないかと心配になっているかもしれません。しかしそれはあなたの努力が足りないのではなく薄毛対策に足りないものがあるからなのです。

結論を言えば女性の薄毛は多くの場合治りやすいと言えます。きちんとあなたに合ったケアを続ければ治る可能性はあります。適切な改善方法を解説していきますのでできるだけ早く対処されることをおすすめします。

\\女性の薄毛対策には女性専用の育毛剤//

そもそも薄毛って治るの?

女性 薄毛 治る

成人した日本の男女の3人に1人が薄毛が気になる、ふさふさな髪には戻れないのか、など不安を抱えていると言われています。薄毛が治るのか?または治らないのか?正しい知識を身につけて適切な対策をすることがポイントとなります。

もし、適切な対策ができるなら、女性の場合、男性に比べ高い確率で薄毛を改善できると言えます。男性の場合は薄毛の原因が先天的なものである場合が多いので改善がなかなか難しいといわれますが、女性の場合は原因を見つけて正しい対策をすることでほとんどの薄毛が改善することができます。

参考 「薄毛に関する意識調査2018」結果発表リクルートライフスタイル

女性の薄毛は治らないって言うけど・・・

女性の薄毛といえばほとんどが、女性ホルモンの減少、または、頭皮環境の悪化が原因となっています。

特に妊娠や出産後に薄毛になってしまう女性が非常に多くなっています。これは一時的なものなのでほっておいても時間がたてば治ってしまうことが多いようです。

それ以外ではストレスや加齢によって女性ホルモンが減少し、薄毛になっている可能性がありますのでキチンと対策をとると改善することができます。

女性専用の育毛剤で早めの対策 >>

一般的な女性の薄毛の主な原因とメカニズム

一般的な女性の薄毛の主な原因とメカニズム

薄毛、脱毛は年齢や性別によって様々な抜け方のタイプがありますが、薄毛や脱毛の原因は現在でも研究段階です。その原因と考えられる主なパターンがいくつかあることがわかっています。ここでは女性特有の薄毛の原因とメカニズムについて解説します。

女性の薄毛の主な原因は大きく分けると女性ホルモンの減少、または、頭皮環境の悪化ですが更に細かく分けると6つに分けられます。

  • 遺伝
  • 加齢によるホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 頭皮のトラブル
  • 極端なダイエットによる栄養不足

などです。

これらの原因により、毛髪のヘアサイクルの休止期が長くなることによって薄毛、脱毛となります。男性型脱毛症(FAGA)は、男性ホルモンの影響で起こるのですが、女性でも発症することがあります。

女性の男性型脱毛症は男性ホルモンと遺伝が影響しているのですが、女性の場合は男性ホルモンが多くないので若いころは男性のように薄毛、脱毛の悩みはさほど深刻ではないようです。

しかし、加齢に伴いヘアサイクルの休止期が長くなると薄毛になってしまうのです。女性の場合は男性のように進行性はなく、局所的に薄毛にならないため、男性と違って、全体的に薄くなり、髪が細くなっていくのが特徴です。
 

ヘアサイクルとは
ヘアサイクルとは、寿命になった古い髪の毛が抜け、新しい髪の毛が生えてくるサイクルのことで「成長期」、「退行期」、「休止期」の3つのステージに分かれています。

  • 成長期  5~7年
  • 退行期  2~3週間
  • 休止期  2~3ヶ月

参考:ヘアサイクルと脱毛のメカニズム” site=”カミわざ|アデランス

女性特有の薄毛の症状は

薄毛=男性のイメージがありますが、女性も深刻な悩みを抱えている方が多いです。しかし男性と女性は同じ原因があるというわけではありません。

男性のように、おでこや頭頂部のハゲにはなりにくいのですが、女性は髪全体のボリュームが減って見た目が老けて見えるのです。

男性は一つの毛穴から生える本数が少なくなり髪も細くなりますが、女性は本数は変わらないものの髪の毛が細くなるため、生え際や髪の隙間が透けて見えたり髪が柔らかくなったような自覚症状が現れます。

このような脱毛の症状が女性の薄毛の特徴です。

女性の薄毛が治るまでの期間はどのくらい

女性の薄毛が治るまでの期間はどのくらい

女性の薄毛にはさまざまな要因があるため簡単に改善と言うことはありません。しかし、一般的には、男性よりも女性の薄毛は治りやすいです。

それは、遺伝、体質という内的な要因よりも生活環境の悪化や、ストレスなどによる外的環境が影響している場合が多いからです。

男性も女性も長期間の治療で効果が現れてくるので、3か月から6か月程度の期間は必要となってきますが、目に見えて効果が現れてくるのは半年から1年はかかります。

女性が男性に比べて薄毛が改善されやすいその他の理由は、女性ホルモンであるエストロゲンが髪の毛の成長を促すからです。

女性は閉経してもエストロゲンが分泌されるので男性のように完全に剥げてしまうことはありません。ですから、男性の薄毛より女性の薄毛のほうが改善しやすく、治る確率が高いと言えます

発毛効果のある強い薬に抵抗があるなら育毛剤を使おう!

発毛効果のある強い薬に抵抗があるなら育毛剤を使おう

発毛効果があるミノキシジルは発毛効果が高いというメリットがあるのですが、副作用のリスクが高くなります。

クリニックでの治療で薬を使うことに抵抗がある場合は、育毛剤の使用をしてみてはいかがでしょうか。

女性向けの育毛剤のメリットやおすすめの育毛剤をご紹介します。

女性向け育毛剤の3つのメリットと育毛剤がおすすめな人

女性向け育毛剤のメリットはいったい何なのか3つ挙げると

  1. 女性は男性に比べて肌質が敏感肌の人が多いので、刺激が強いものは不快感を感じます。なので女性専用の育毛剤の成分は、アレルギーが起きる原因物質が配合されていない、無添加、低刺激、天然由来成分使用、アルコール不使用などのタイプが主流となっています。
  2. 病院に通う必要がなく、恥ずかしい思いをしなくても育毛剤が手に入る。
  3. 育毛剤は頭皮の環境を整えるということが本来の目的なので、厚生労働省で 医薬部外品として認可された有効成分を含んでいます。

ミノキシジルなどの発毛効果が高いが副作用も気になる薬を使うことに抵抗のある人や育毛剤のメリットが魅力、と思われる方は育毛剤の使用をおすすめします。

副作用が気にならない女性専用育毛剤はこちらをチェック >>

特に女性におすすめの育毛剤はあるのか

育毛剤=男性の使うものというイメージはもはや過去のこととなりつつあります。女性の頭皮ケアの商品市場は、男性の頭皮ケア商品の売り上げを上回っています。

しかし女性用育毛剤の種類が豊富になった反面、いったいどの育毛剤を使ったらいいのか迷ってしまうことでしょう。なので、女性特有の薄毛に効果のある育毛剤をおすすめしたいと思います。

女性用無添加育毛剤「ルルシア」

女性用無添加育毛剤「ルルシア」

ルルシアはモンドセレクション2年連続金賞受賞で、あの有名な育毛剤「イクオス」の販売実績を持った会社が本気で考えた女性用育毛剤です。

ルルシアは女性の薄毛、抜け毛のタイプ別に分けた自分に合った最適なお手入れができるようにタイプに合わせて選べる2つの育毛剤を用意しています。あなたに合った育毛剤が選べる、女性の為に開発された画期的な無添加育毛剤が「ルルシア」なのです。

ルルシアの公式サイトで、自分に合った育毛剤を選べるからご使用者様の使用感満足度は95.8%です。

女性用無添加育毛剤 LULUSIA -ルルシア-
LULUSIA-ルルシア-
 特典:「サプリメント」毎回無料プレゼント、90日の返金保証、送料無料
女性用無添加育毛剤ルルシアは、世界初の「タイプ別マッチングシステム」で毛髪診断士の元に考えられた診断コンテンツにより、それぞれの薄毛のタイプに合った育毛剤「ルルシア ルフレ」と「ルルシア シャルム」の2本の育毛剤から最適なものを提案してくれます。まずは完全無料のタイプ別マッチングシステムを公式サイトからお試しください。

公式サイトを見る

女性の薄毛を改善するために必要な日常のケア

女性の薄毛を改善するために必要な日常のケア

薄毛や抜け毛を気にしている人はまず、生活習慣を見直しましょう。悩みが深いほど、髪の毛に意識を集中してしまいますが、実は髪は身体の一部という認識を持ちましょう。

健康な髪になるには健康な体を維持するということが必要です。日々の生活の積み重ねが髪の健康を左右します。まずは薄毛対策に大切なことは生活改善だということを理解しましょう。

生活習慣の改善でできる薄毛対策4選

生活習慣の中で、問題点があればそれを洗い出して、適格な薄毛対策を実施しましょう。

生活習慣の改善でできる薄毛対策4選とはどのようなものでしょうか。検証してみました

薄毛対策①:睡眠は「時間」と「質」にこだわる

女性 薄毛 治らない 睡眠

睡眠の質が薄毛の対策に関係してきます。

髪の毛は睡眠中に成長するもの。髪の毛を成長させる成長ホルモンは眠っているときにだけ分泌されます。22時から2時の間の3時間は睡眠時間を確保し、リラックスした状態で睡眠をとることが大切です。睡眠不足は成長タイムが不足するということになりますので睡眠時間はしっかり確保しましょう。

寝る前にスマホやパソコンはブルーライトの刺激を受けて、寝つきが悪くなったり睡眠の質が悪くなったりするので控えたほうがよさそうです。

睡眠の中身が良くないと意味がないので良質の睡眠にこだわりましょう。

参考:薄毛と睡眠の関係|ゴリラクリニック

薄毛対策②:有酸素運動をする

運動不足による血行不良は髪の成長にも悪影響を及ぼしますので、定期的に有酸素運動をすることをおすすめします。

運動不足になると体内のエネルギーが消費できずに血中の脂肪分が増え血液の流れが悪くなり、髪に酸素や栄養分を送ることが出来なくなります。また運動不足で汗をかかない日が増えると毛穴に皮脂がつまりやすくなり、雑菌の繁殖により頭皮の状態が悪くなってしまいます。髪を生やす土台が頭皮なので頭皮を健康に維持するためには適度に有酸素運動をすることが必要です。

有酸素運動をすることで血行促進により女性ホルモンの分泌も活発になります。

薄毛対策③:ストレスを発散する

ストレスは女性ホルモンの減少という薄毛の直接の原因になりますので、ストレスの発散をすることは薄毛対策には効果的です。

不安や緊張などのストレスを感じることで身体がうまくリラックスできなくなります。ストレスにより心身が休まらないと睡眠不足、過剰な疲労などに繋がってしまいます。

自分なりのストレス発散の方法を見つけて定期的にストレスを発散することが必要です。

薄毛対策④:タバコは吸わないのがベスト

タバコが体への悪影響を及ぼすことはよく知られています。

脱毛以前に健康への悪影響を考えると本数を減らすかやめるか考える必要がありそうです。タバコが薄毛、抜け毛の原因になっているということは医学的にも報告されています。

タバコの煙に含まれる「ニコチン」が血管を収縮させ血行が悪くなるので必要な栄養を与えるのを妨げてしまうからです。髪も体の一部なので、健康な髪を育てるためには控えたほうがよさそうです。

頭皮環境の改善でできる薄毛対策2選

間違ったヘアケアによって、薄毛、脱毛が悪化する場合もありますので、頭皮環境でできる薄毛対策を検証してみました。

薄毛対策①:髪の毛に優しい「アミノ酸系シャンプー」を使う

髪の毛を洗うのに最もおすすめのシャンプーはアミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーは他のシャンプーと比べて髪や頭皮、肌に優しいというのが特徴です。アミノ系のシャンプーは皮膚と同じ弱酸性で髪や頭皮にとても優しいのです。洗浄力が優しく汚れ、頭皮の余分な皮脂だけ洗い流しますので頭皮に必要なうるおい成分は残しておくことができます。ですから敏感肌の方に適していると言えます。

薄毛対策②:頭皮は優しく洗う

高級なトリートメントを使っているにも関わらず、髪の毛がバサついてまとまらない人はもしかしたらシャンプーの仕方が間違っているかもしれません。

洗髪は頭皮の汚れをしっかり落とすことが基本なんですが、汚れを完全に落とし切ろうとして、必要以上にゴシゴシと頭皮を洗っていませんか?ここでは美髪になるための正しい洗い方をご紹介したいと思います。

手順1
洗う前に髪をとかしておく
髪を洗う前にとかすことで髪のもつれを取ることと、一日生活していて髪についたホコリを浮かせたり、落とすことでシャンプーしたときに汚れの落ち具合が違ってきます。この時に使うブラシは目の粗いものを選びましょう。毛先から根本に移行するようにとかしてください。
手順2
シャンプー前にお湯で汚れをよく落とす
シャンプーの前にお湯で予洗いをしましょう。十分に髪を湿らせると、頭皮が柔らかくなり毛穴が開くので頭皮の汚れも落ちやすいです。シャンプーが泡立つためには水分が必要なので、2分間ほどたっぷり洗い流します。そうすることで少量のシャンプーでよく泡立ちます。この予洗いで汚れの8割がたが落ちますし、シャンプーの泡立ちが違ってきます。このシャンプーの泡は汚れを落とすだけではなく、髪の摩擦を軽減する働きがあるのです。
手順3
よく泡立ててからシャンプーを付ける
シャンプーは水を加えて泡立てるとちょうどよい洗浄力になります。原液のシャンプーは頭皮に強い刺激を与えてしまうので良くありません。またシャンプ―を直接つけると髪を泡立てネットの代わりにしているようなもので髪のキューティクルが傷ついてしまいます。どのようにシャンプーを髪につけるかで髪へのダメージが変わってきますのでシャンプーはしっかり手で泡立ててから髪や頭皮を優しく洗いましょう。手で泡立てたシャンプーの泡はホコリや皮脂の汚れを包み込んで浮き出させ洗い流してくれます。
手順4
爪を立てずにさっと洗う
頭皮と髪の洗い方は爪ではなく、指の腹で全体を優しく洗うことが正しい洗い方です。頭皮に爪を立てて洗うとかゆみも取れてなんとなく気持ちがいいですが、頭皮も体と同じ皮膚なので、爪を立てて洗うと頭皮にダメージを与えてしまいます。優しく揉むように洗いましょう。
手順5
洗い残しが無いようにしっかりと流す
シャンプーを洗い流す時は時間をかけてしっかり洗い流すようにしてください。地肌から先にかけてくださいね。すすぎ残しがあるとフケやかゆみの原因になりますので気を付けてください。すすぐ時間はャンプーの2.3倍の時間をかけてすすぎましょう。すすぎもとても大切なので気を抜かないように頭皮ケアしてください。
手順6
ドライヤーは8割まで
髪の乾かし方は髪の毛が完全に乾く前の8割くらいの乾かし方がいいでしょう。頭皮にはドライヤ―の熱を当てすぎないように注意が必要です。毛先ではなく頭皮と毛先の中間部分を重点的に乾燥させてください。そこが大体乾けば毛先は放置して大丈夫です。頭皮は熱を当てすぎると乾燥しすぎて頭皮環境を悪化させてしまう原因となりますので注意してください。まずタオルドライで、できるだけ水分を吸収してからドライヤーをかけましょう。8割がたドライイヤーで乾かしてあと2割の自然乾燥がもっとも髪に優しいと言えます。

まとめ

ルルシア専門家

女性の薄毛は治るのか?ということについてまとめてみましたが、女性の薄毛は男性の薄毛よりも改善しやすいということが分かりましたね。女性の薄毛にもタイプがありますので、ご自身のタイプに合った薄毛対策が必要です!自分の薄毛の原因やタイプは下記のサイトで診断が出来るようです。

自分の薄毛のタイプを無料で診断してみる >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です